コンテンツへ

園の特色

園長ご挨拶

園長 大森 美保子

恵泉幼稚園に、
かけがえのないお子さんを託して頂きます。

大人になるまでの基礎となる大切な成長過程と、将来の幸せを見据えて教育を行います。

幼稚園の教育は字が書ける、読める、知識を教える等、先回りをしたり、目の前のことを期待することではありません。結果は、すぐに現れることばかりではなく、園で終わるものでもありません。目には見えない心を育てます。育てた心は一人ひとりの宝物になります。大人が手間、ひまを掛けることで子どもたちはゆっくり育っていきます。子どもたちが自ら幸せを築いていける人になることを願って幼稚園生活は繰り広げられていきます。

そして、幼稚園は楽しいところです。友だちや先生と一緒に夢を叶えるところです。そこに幼稚園の魅力があるのです。共に手を携えてお子さんの健やかな成長を応援していきたいと思っております。

園長 大森 美保子

恵泉幼稚園の教育

教育理念

恵泉幼稚園は高橋誠一が「神は愛である」というキリスト教の教えに立ち、1935年(昭和10年)に設立した幼稚園です。幼いときに、自分が愛され、守られていることを感じることができ、幼児の豊かな心、健康な体、考える力を育みます。生きる力の基礎を培い、子どもとともに、育ち合う園であり続けます。

意欲のある子ども

一人ひとりの発達や興味、関心に合わせて、多様な体の使い方ができるような、運動や外遊びを楽しみます。室内では様々な道具に触れ、絵画、造形、制作、そして歌や音楽・絵本にも親しみます。このように、色々な遊びを通して、成長は促されていきます。

思いやりのある子ども

ありのままの自分を受け入れられていることを知り、遊びを中心とした生活の中で、思いやりの心を育んでいきます。友だちと一緒に園生活を過ごしていると、喧嘩をしたり、うまくいかないこともあるでしょう。そのような毎日の中でこそ、楽しんだり、笑ったり、我慢したり、という健全な心が育ちます。

感性豊かな子ども

本園の自然環境は、心と体を開放感で満たしてくれます。神さまが作ってくださった自然の営みに出会い、日々守られていることを子どもたちと一緒に感謝して過ごしています。楽しい園生活を送る主役は子どもたちです。私たちは主役である子どもたちが、友だちと共通の目的を実現していくために、力を合わせ、やり遂げた達成感、充実感を味わうことができるように、伴走者として関わっていきます。

感謝できる子ども

祈りを通して神さまに愛され、守られ、たくさんの恵みを与えられていることに感謝する心を育てます。

恵泉幼稚園の取り組み

創立者は、『心と体が健康でなければならない。整理整頓、清潔という生活習慣が大切である』と説いています。園生活の中でも、特に、うがい、手洗い、遊んだ後の片付けは、良い習慣として身につくように指導をしています。一人ひとりの発達、興味関心に合わせて、多様な体の使い方ができるような、運動や外遊びを楽しみます。室内では様々な道具に触れ、絵画、造形、制作、そして歌や音楽・絵本にも親しみます。このように、色々な遊びを通して、成長は促されていきます。

恵泉ファミリークラス

成長のめざましい子どもたちに負けないよう、園では1954年(昭和29年)からおうちの方の学びの場として、母親学校(現在のファミリークラス)を設けています。「幼児の発達と心理」などを中心に、研究者や社会の一線で活躍している専門家を招いて、年約10回講座を開いています。
どなたでも受講できます。(一回500円)幼稚園窓口へお立ち寄りください。

恵泉幼稚園の様子をもっと詳しく見てみる。